医師の処方箋の必要がありません

医師の処方箋の必要がありません

個人の使用目的に限りますので、たとえると女性用ピルの個人輸入に対し男性名義の受取人ですと、販売目的や譲渡目的と判断され税関で没収させられる実現性があるのです。何気ななく、医薬品を第三者に渡してしまいましたとしてがちですけど、薬事法で販売はもちろんのこと譲渡も禁止されますので注意してほしい。

個人の使用目的に限り医薬品の個人輸入は認可されているので、個人輸入した医薬品を友人や知人、家族など本人以外の第三者に販売や譲渡することの方が禁じられているのです。医薬品を個人輸入した場合の商品受取人にも注意が必要です。

個人輸入の際には医師の処方箋の必要がありませんので、誰しも海外医薬品を個人輸入出来る反面、服用量の管理や副作用の症状把握など自分の責任となるんですので注意が必要です。ED治療薬も同様に、男性向け医薬品を女性名義で個人輸入するのはできない。